東京を紹介するサイトのランディングページ作成

ランディングページを使用し、東京を紹介するサイトへ集客率アップを図る場合、日本でよく知られているようなスカイツリーや大型ビルのことなど、紹介したいことは多岐に及びます。ランディングページは一枚の広告からできているので、関連付けて構成していくと、様々なサイトを上手く紹介することができます。アピールしたい項目を限られたページの中に収めるわけですから、デザインや配置を工夫してまとめることが重要です。東京は首都であり、国内外から多くの方が訪れます。海外の方も参考にすることがあるかもしれません。

例えば、東京、紹介ページと検索をかけて、作成したランディングページを見てもらえる機会があるとします。日本語ではわからないので、英語に直すボタンが必要になります。明るいイメージにしたページでも、何かを示す矢印やボタンは、誰が見てもすぐにわかるようなものでなければなりません。サイトを紹介するので箇条書きにしたり、表にして見やすくするなど書き方はありますが、MAPを使用してみるのはいかがでしょうか。ずらずらと箇条書きにした文字はなかなか読む気分になれません。東京を紹介する目的で、商品を売るわけではないので、価格を赤く表示することもないでしょう。淡々とした文章で人を惹きつけることはできません。MAPを用いた場合、必然的に矢印などを多く使わなければならず、読み手側もわくわくとした気分で見ることができます。デザインとは背景やカラーばかりを言うのではなく、このような遊び心を取り入れることも含まれると考えられます。面白い、もっと見たいという好奇心が集客率アップへ繋がっていくのです。

東京の商品通販のHPと会社にとっても、ランディングページには力を入れておきたいところです。東京の名物や商品を販売している通販会社では、サイトで商品を紹介してもらっています。MAPと組み合わせれば、どんな場所でどんな商品が売っているのか、どこで購入できるのかなども一目瞭然です。ランディングページで紹介できる商品数は少なくとも、通販会社を知ってもらうことができるのです。場所を紹介する時にはその場所だけを紹介するのではなく、それを取り巻く環境や売っているもの、面白い所も含めてアピールしていきましょう。デザインにはその土地ならではの背景を使用したり、多くの写真が使われていることもポイントです。写真と文字のバランスに気をつけて配置することで、読みやすさを向上させましょう。