ランディングページのテキストの工夫の仕方

ランディングページは、コンバージョン率を高める必要があります。コンバージョン率とは、サイト訪問者がどの程度購入や問い合わせなど、サイト作成の目的であるアクションにつながったのかを表す比率です。そもそもランディングページとは、商品の購入など直接のアクションを期待するために作るものです。そのため、ランディングページを作るならば、このコンバージョン率が高くなるようにしなくてはいけません。コンバージョン率を高めるためには、テキストの工夫が必要となるでしょう。テキストは、見やすく、内容も簡潔に、なおかつ薄くならないようにしていくことがポイントです。見やすさという点では、フォントを工夫して、文章にメリハリをつける事や、写真や図を用いて視覚的に理解をしやすい配慮をすること、文章の流れがスムーズであることなど、配慮すべき点は多いです。

通販のホームページと作成を請け負っている会社も存在します。そのような会社は、通販のランディングページ作成についてのスキルを有しているため、自分にはその能力がないというなら、活用することで自分もコンバージョン率の高いランディングページを持つことが可能となります。作成を請け負っている会社では、実例を示していることが多いです。つまり、過去にその会社が実際に作ったサイトを実績として表示しているということです。それを見れば、その愛車がどの程度の能力を持っているのか把握することができますから、選ぶ際の参考にすれば、良い会社を見つけることができるでしょう。もちろん、予算面も気にしなくてはならないポイントですから、いくつかの会社に見積もりを出してもらって、予算の都合とも合わせると良いです。見積もりは無料で出してもらうことができます。

自分でランディングページを作るというのならば、実際のランディングページのテキストを閲覧して、それぞれの良いところを参考にしていくと良いでしょう。これは、あくまでそのままコピーするというのではなく、良い点を生かすことを目的として行います。コピーは著作権を侵害する行為であるため、下手をすれば法的な責任を問われてしまいます。しかし、ノウハウならば、直接コピーをするわけではありませんから、そのようなことにはなりませんし、効果的なランディングページ作成のために役立てることができます。あとは、実際に運用する過程で分析を行って、少しずつ修正を加えていくと良いです。