ベラジョンカジノは遠隔をしていると思っている人は

ベラジョンカジノは遠隔をしているのではとつい疑ってしまうものですが、それはほぼありえないと言えるでしょう。確かにネットカジノという特性上、何かしらの不正行為が行われてもそれを察するすべはありません。本物のカジノであれば不正行為を行ったときには、人間がそれを行う以上どこかに不審な点が出てきますから、いくら相手がプロとは言ってもおかしいことに気づくこともあります。

しかし、ベラジョンカジノのようにプログラムを相手にするものや本物のカジノであってもビデオポーカーのような機械を相手にするものだと、遠隔操作をされてもわかりません。ふせられたカードがめくられた時に、それがめくる前と数字が変わっていないとは限らないためです。数字が変わっていようといまいとめくる前の数字がわからない以上は、数字が変わるだけであれば問題はないのですが、問題はプレーヤーを負けさせようとして数字を変えてくるということです。

負けさせようとするあるいは逆に勝たせようとするのではないのであれば、目が確定するのはカードを開いたときでもプログラムの性質の問題であり、元の数字がわからない以上はゲーム性に問題を与えることはありません。しかし、勝敗を故意に左右できるようになっていれば、それは遠隔ということで負けさせるのはもちろん勝たせる操作も許されるものではありません。プログラムを組まれたゲームはどうしてもこの遠隔の疑念は晴れませんが、ベラジョンカジノのように大手であればほぼ心配をする必要はないでしょう。

理由としてはネットカジノを行うには厳しい審査があることと、使用しているゲームは第三者が作ったものでベラジョンカジノ自体が制作に関与しておらず、操作ができるものではないためです。黙っていても利用者がいれば儲かるカジノで不正行為をして営業許可を取り消しになるのはそれこそリスクが大きく、ゲーム自体の仕組みとしても遠隔ができないようになっているので、疑う気持ちもわかりますが心配をしすぎることはありません。