ランディングページはリスティング広告のテストを行う

リスティング広告の出現回数について。
ランディングページは広告リンクをクリックした時最初に到着するページで、広告リンクはリスティング広告と呼ぶものです。
ユーザーが情報検索を行う際に利用する検索キーワードにマッチする広告が検索結果のページ上に表示され、このリスティング広告をユーザーがクリックした時にランディングページが開く、そして広告を読んで貰い、問い合わせ件数を増やせる、紹介している商品の買い物行動が行われるなどの流れになります。

リスティング広告が出現する回数はリサーチツールを利用する事で分かりますが、出現回数を増やすコツはキーワード調査です。
ユーザーがどのようなキーワードを使って検索をするのか、競合する業界の中でのキーワードを調べる、調査結果をリスティング広告に盛り込んでテストを行うなどが必要になります。
出現回数伴にテストをしなければならないのがクリック率です。
クリック率が多くなるほど、ランディングページへの訪問者数が増えるので、リスティング広告の最適化はアクセス数を増やすポイントにもなって来るわけです。

コンバージョンレートを増やす事がランディングページには重要です。
一定期間の中でのページビュー、ユニークユーザー数に対するコンバージョン件数の割合をコンバージョンレートと言います。
コンバージョンレートは、インターネット広告やECサイトなど、効率をチェックするために利用するもので、リスティング広告やランディングページの中でも度々登場する数値です。
自ら運用を行うアカウントのコンバージョンレートが平均と比較して良いのか、それとも悪いのかなどの判断が出来ないケースも多いのではないでしょうか。

ちなみに、コンバージョンレートはキーワードの種類に応じて変わるため、キーワードの調査は必須であり、コンバージョンレートの目安を考える時にはキーワードによるテストも行う必要があります。
尚、検索キーワードには指名ワードと一般ワードがあり、指定ワードは企業名や商品名、サービス名などのような、企業が独自で保有するキーワードで、コンバージョンレートの目安を考える場合には、指定ワードと一般ワードを分けて考えるのが大切です。

結果が出るホームページとデザイン例について。
ランディングページで結果を出す時にはコンテンツを充実させる事やデザインに工夫を行い、訴求を求める事が重要です。
尚、デザイン例などについては、制作会社のホームページに掲載してある制作事例などが役立ちます。