ウェブ制作会社のランディングページの提案書について

今、費用対効果の高い広告宣伝方法として、ランディングページが注目されています。テレビやラジオなどのマスメディアを広告宣伝媒体として利用しても、効果が上がらないからです。理由は簡単です。自社の商品を知ってもらい、購入してもらうように宣伝しても、見る人は、全く興味がない場合があるからです。また、テレビをリアルタイムで見る人も少なくなっています。録画をしておけば、興味ある番組を録画をすることで、再生して見る場合には、倍速で、かつ、宣伝はスキップしてしまう人が多いからです。テレビで宣伝をするということは、優良企業というイメージを消費者に与えられるという意味で、大企業にとっては、無駄なことではないかもしれません。

しかし、広告宣伝をする目的は、自社のことを知ってもらう、商品を購入してもらう、サービスの利用を促すなどです。数千万円の費用をかけて、テレビコマーシャルなどを利用しても、販売につながらなければ、無駄にお金を使っているだけです。つまり、効率よく自社の商品を見て、購入してもらえるような仕掛が必要になります。

売上を上げるための方法として、今、脚光を浴びているのが、ランディングページです。消費者は、気になる商品やサービスなどがあれば、ネットで検索します。検索結果の中には、広告枠もあります。それをクリックしてもらうと表示されるのがランディングページです。ホームページの一部ではなく、専用のページを設けているのです。商品の魅力をダイレクトに伝え、購入希望者がすぐに注文できるページを用意しているのです。

ウェブ制作の業者にとっては、費用対効果の高い、広告宣伝媒体として、顧客に対して提案書を提示することもできます。実績のある業者ならば、ランディングページとリスティング広告について、格安の費用で、効果がある手法を伝えることができます。

一度購入すれば、その後は注文しなくても良いという商品は、一時的な効果を得るということになりますが、化粧品のHPと費用対効果を見ればわかる通り、長期間利用しなければ、効果が実感出来ないような商品では、長期間の利用者を獲得することができます。化粧品やサプリメントは、即効性のあるものではありません。また、研究開発費には、多額の費用がかかりますが、商品化してしまえば、製造原価などは安いので、販売数量が増えれば、すぐに利益を上げることができるのです。

ランディングページの制作業者は、長い目でみて利益が上がる提案書を説明すれば、大手の企業でも、採用してもらえる可能性が高いです。