ランディングページはテーマの焦点を絞り込む

自分の会社が提供する商品や、サービスの売上を上げるためにランディングページを実際に作成するときには幾つかの注意するべきポイントがあります。

ランディングページは一般的に1つのウェブページに、まとめられています。ですので、ナビゲーションをするためのメニューを用意する必要がないことになります。同じページの中で特定の場所にリンクすることができるアンカーを活用するなどして、できるだけ構成が簡素なページに仕上げる必要があります。効果的なランディングページのグラフィックデザインは、簡素であることが最も重要なことになります。そして、テーマや、コンテンツの焦点が定まっていることも重要になります。明確で、テーマが簡潔で、なおかつ分かりやすい文章を心がける必要があります。

テーマと関係がない情報を盛り込んでしまうことによって、閲覧している人を混乱させてしまう内容にしてしまうのは良くありません。目的や、テーマを明確に設定して、その目的や、テーマに適合したランディングページの内容を作り上げることによって、自分の会社で取り扱っている商品や、サービスを効果的にアピールすることができるものを仕上げることが可能となります。

自分の会社が提供する商品や、サービスを利用させるための行動を喚起させる、CTAボタンや、公式サイトにリンクさせるリンクラベルをランディングページの中に盛り込む必要があります。クリックする位置が分かりやすくなるように、目立つような場所に、CTAボタンのサイズを大きめにして配置することが大切になります。そして、ランディングページは最初に目に入ったときの印象が大切になります。綺麗な色合いとビジュアルで、瞬間的に閲覧している人の心を掴む必要があります。また、閲覧しやすくなるように画像をたくさん使うことも必要になります。

ランディングページは自分の会社の商品や、サービスの売上を上げる機能が重視されますが、そうとはいっても見た目の印象を軽視して良いという訳ではありません。そして、作り上げたランディングページが、タブレット端末や、スマートフォンなどといったモバイル機器の画面からアクセスしても見やすいレイアウトになっているかどうかを確認する必要があります。近頃は、モバイル機器からのアクセス数の方が、パソコンからのアクセス数よりも多くなっていることも珍しくありません。モバイル機器の画面に対応していないレイアウトだと、アクセスしてくる人が多くても、すぐに離脱してしまうことになります。