ランディングページの定義や特徴について

ランディングページは、日本語に直訳すると着地ページです。つまり、閲覧者が最初に訪れるホームページを指します。しかし、webマーケティングで用いられる狭義のランディングページの定義は、特定の商品やサービスなどを売るために直接のアクションを期待することを目的として作成されるページを指します。つまり、よりダイレクトに売上につなげるためのホームページをランディングページとして定義しています。

ランディングページの目的である、直接のアクションを達成するためには、それを見た人が商品やサービスに興味を持って行動を起こそうと考える必要があります。そのためには、ページは一つにして、そこで情報をわかりやすく伝え着る必要があります。リンクが多いと逃げられてしまう可能性がありますから、通常は縦に長いページを用意して、そこを初めて訪れた人でもすべてのことがわかるようになっています。下層ページを作ってしまうと、最初に下層ページに到達した人は、その前提となっている話がわからないので理解することができませんが、1枚にしておけば、そういった心配はありません。

単に情報が多いだけでも意味がありません。それを読んでいる方が疲れて読むのをやめてしまっては意味がないからです。そこで、読みやすい工夫がランディングページには用いられます。例えば、理解を助けるために図やグラフ、O&Aを設けて、見やすいようにします。また、メリハリをつけるために、協調する部分は目立つフォントやサイズを用いて、読み飛ばしてしまっても良い場所については通常のフォントを用いるといった工夫も用いられます。

胡散臭いと感じられてもいけませんから、こういった小手先のテクニックのみではなく、製品の本当に良い点をアピールするために、科学的なデータやアンケート結果などを提示することもあります。それらは提示する際にきちんと出典名が記されて、きちんとした出所を表示します。それを見れば、単に良いというのではなく、それなりの根拠が合ってよいのだと見た人が理解してくれるようになりますので、何も表示しない場合よりも信用してもらいやすくなります。一番良くないのが、こういったデータを示さずに良いアピールをすることです。これでは、根拠がないので胡散臭く感じられてしまいます。
こういった工夫をすることが、ランディングページを作る人に求められている技術です。実際のページを見てみると、これらのことが理解できます。